白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

節約系の健康法をご紹介。素朴だけれど最強かもしれません。

私の病歴は半端ないです。思えば、何回も、しかも長期間、よくぞ入院してきたものです。 

これまでに4回ほど死にかけたことがあります。

詳しい病歴はまだ書いていないのですが、プロフィールで少し触れました。

でも、これからは入院しない気がしているのです。 

その理由について、今日は書いてみますね。

この健康法は、良いかもしれませんよ。お金ががまったくかかりませんから。

節約生活をしている人には、特にオススメです。

※応援ありがとう⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私は早寝早起きを実行するなど、品行方正な生活をしているかといいますと、真逆のことをしてしまうこともあります。

時には食べ過ぎたり、お酒を飲みすぎたり、また、夜型生活をしたり、かなり体に悪いことをしてしまうのです。

仕事も、最近はハード過ぎます(汗)。

ところが、です。

この10年くらい、重い病気にはなっていません。 

ストレス太りで、肝臓の機能が落ちているのが心配ですが、それもダイエットでカバーするつもりです。 

血圧も、体重を落とせば、心配ないでしょう。 

このように、のらりくらりと乗り切るつもですが、実は、もっと根本的な健康法が私にはあります。 

私がこよなく愛する健康法は、これ。

よく寝る健康法」。

このタイトルは自分でつけました(笑)。

私、白洲三四郎(shirasusanshirouシラスサンシロウ)が提唱することから、「サンシロウ健康法」と呼びたいと考えています。

よく寝る健康法

疲れたら休むこと。働きすぎないこと。よく眠ること。 

やることは、たったのこれだけです。

早寝早起きが理想ですが、昼夜がひっくり返ったとしても、たくさん眠れば、病気にはなかなかなりません。 

朝型生活で睡眠不足になっているよりは、夜型生活でよく眠る方が、よっぽどましです。 

なぜなら、寝ている時に人間の免疫力は最大にまで高まるから。 

ですから、眠りすぎくらいで人間はちょうどいいと私は考えています。 

いかがでしょうか。

ただ寝るだけですから、お金もかかりません。

この「よく寝る健康法(サンシロウ健康法)」が参考になれば幸いです。

繰り返しになりますが、私は体が弱いのです。そのため、重労働や長時間の仕事は無理。

自宅で独りでできる仕事をしているので、疲れたら横になることにしています。

今は猛暑ですので、夏バテが激しい時は、パソコンに向かっている時、自宅で食事する時以外は、ずっと寝ていることもあるくらい。

ですが、それなりの知恵は身につけてきたので、コツコツ働いていれば、食べてゆくことぐらいはできるだろう、と楽観的に考えているのですね。 

とにもかくにも、「よく寝る健康法」で、どんな窮地でも乗り切ってゆくつもりでおります。

「寝る子は育つ」と古くからいわれますが、私の場合には寝ている時にいい夢が見られたら、それで満足です。