白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

たわしは、キャンドゥの「立つたわし」しか使えなくなった理由。

阿佐ヶ谷のパールセンター商店街に100円ショップの「Can★Doキャンドゥ)」があります。 

その前を毎日のようにとおりかかるので、時間があると、すぐに入ってしまうのですね。 

そして、今日はついに「立つたわし」を購入。要するに、スタンディングタイプの「たわし」です。

 

実際に見ていただいた方が速いですよね。実際に仕事机の上に立ててみました。

これがその「キャンドゥ」の「立つたわし」。

f:id:kazahana7:20180808122521j:plain

これは、とても100円では買えません。

 実はこれまでは、高円寺の「オリンピック」で買った、スタンディングタイプのブラシを使っていたんですよ。 

それがこんな状態に。 

f:id:kazahana7:20180808122555j:plain

正式名称は「スタンドキッチンブラシ」と呼ぶそうです。

これはけっこう値段が高かった記憶があります。 

買い替えようと思いつつ、意外と高いという意識がどこかにあり、二の足を踏んでいたのです。 

私は「たわし」をもともと好みません。なぜなら、置き場所に困るし、ほとんどの場合、水分がぬけきらなくて、不衛生になってしまいます。

ですから、たわしもだけでなく、水回りに置くものはすべて、立てるタイプでないと駄目なのです。

立てるタイプだと場所もとりませんし、乾燥しやすいから衛生的。

歯磨きも、立てるタイプのものを一度使ったら、やめられなくなったのと同じでしょうか。

「立つたわし」を先ほど使ってみたのですが、なかなか快適でした(笑)。 

人の顔がついた白い部分が立てる時に安定性を保つわけですが、取っ手(グリップ)にもなってくれて、使いやすい。

この部分を「柄」とか「持ち手」と呼ぶみたいですが、なかなか、アイデアが良いし、センスを感じますね。 

この「立つたわし」は100均グッズの傑作商品だと言いたい気分になりました。

ただし「キャンドゥ」のオリジナル商品ではないみたいですよ。