白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

節約料理「サバイバル雑炊(おじや)」でヘルシーに暮らす。

節約とは要するに出費をおさえることに極まります。

では、どのようにしたら、出費を減らせるのか?

何と言っても、日々の食事が大事ですよね。

高価な外食を続けていたら、とても節約生活はままなりません。

そこで、自炊が大切になってきます。

今回ご紹介するのは、私が最も得意としている(ひんぱんにつくっている)節約料理をご紹介しましょう。

その料理名は、自分でつけたのですが「サバイバル雑炊」あるいは「サバイバルおじや」と呼びます。

※節約のアイデアがここに⇒にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 これがその「サバイバル雑炊」。

f:id:kazahana7:20180601051031j:plain

サバイバル雑炊

具材は以下のとおり。

しいたけ、えのき、キャベツ、わかめ、ナス、豚肉、たまご、米

冷蔵庫にあるものを、すべて鍋に入れ込んで似ただけです。

料理の時間は、10分もかかりません。

栄養バランスもとれているので、健康にも良い、いわゆるヘルシー料理だと言えます。

体に良いものを食べているという意識を持つと、食べていて幸せ気分になれるのです。

「何でこれが節約調理なの?」と思っていませんか。

はい、では、これを見てください。

f:id:kazahana7:20180601052024j:plain

雑炊鍋

鍋の状態ですと、上のような感じ。
最初にお見せしたのは、1食分。上のような量を煮たら、それを3回に分けて食べるので、節約料理になるのです。

米の量は150gしか入れていません。レトルトのご飯ですが、150gが2つつながっていて、それを分けて食べられる、300g(150g×2食)タイプのものです。

私が食べているは、西友のレトルトご飯です。正式名称は「みなさまのお墨付き 小盛りのごはん150g」。

f:id:kazahana7:20180601053903j:plain

みなさまのお墨付き 小盛りのごはん150g

炭水化物をとりすぎると太ってしまいますが、「サバイバル雑炊」の場合、私は150gを3回に分けて食べるならば、だいじょうぶですよね。

ところで、「雑炊」と「おじや」の違いをご存知でしょうか。

「雑炊」は水分のある状態。「おじや」は煮込んで時間が経ち、水分がとんだ状態をいうらしいのです。

私が幼い頃、母親に食べさせてもらっていたのは、少し焦げた「おじや」の方でした。

まあ、私の「サバイバル雑炊」をさまして冷蔵庫に入れておけば、「おじや」になるのですが……。