白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

パソコン周辺機器の空き箱を断捨離した感想。

引っ越しに向けて、少しでも荷物を減らしたいので、日々「断捨離」に励んでおります。

捨てる物って本当に多いですね。捨てても捨てても、次々に断捨離しなければならない物が出てきてしまいます。

クローゼットの中を見回していたら、「これは捨てなければいけないな」と感じる物たちが見つかりました。

それは、パソコン周辺機器空き箱です。

それにしても、パソコン周辺機器の空き箱って、自然と増えてしまうものなのですね。

 

 これが今回敢行した「パソコン周辺機器の空き箱の断捨離」です。

パソコン周辺機器の空き箱

外付けハードディスクが2つ。

「WD HDD 外付けハードディスク 5TB Elements Desktop USB3.0 WDBBKG0050HBK-JESN」

「BUFFALO USB3.0用 外付けHDD 2TB ブラック HD-LB2.0TU3-BKD」

キーボード。「エレコム キーボード 有線 USB接続 メンブレン式 1000万回高耐久 ブラック TK-FCM062BK」。

大型タブレット。「Apple iPad Pro 12.9インチ Wi-Fiモデル 128GB ゴールド」

セキュリティソフト。「ウイルスバスター」。

画像加工ソフト。「Adobe Photoshop Elements」。

PDFファイル作成ソフト。「Adobe Acrobat X Standard Windows版」。

ICレコーダー。「SONY ステレオICレコーダーICD-UX400F」。

いかがでしょうか?

思い返すと、5年半前にここに引っ越す時、かなり捨てたのでした。

ですから、5年半でこれくらい貯まってしまったというわけ。

ICレコーダー以外は、今でも使っている商品ばかりですが、空き箱は断捨離することにしました。

では、なぜ今まで空き箱を捨てられなかったのか?

パソコン周辺機器の箱(パッケージ)には商品説明のほか、使い方まで記載されているので、必要になると思うからでしょうね。

でも、何年経っても、空き箱を見て、使い方を確かめたことは1度もありません。

とうことは、断捨離してもいいということですよね。

というわけで、スッパリと、パソコン周辺機器の空き箱を断捨離しました。