白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

本の断捨離でネットオフを選んだ理由。

私の場合、引っ越しの時、荷物の半分は本類だという感覚があります。そのため、引っ越しする度に、段ボールで10箱くらいは本類を処分してきました。

最近は断捨離とかミニマリストとかいう言葉を意識するようになったせいか、よほどのことがないかぎり、本やDVDは買いません。

それでも、じわじわと増え続けていることは確かです。

そこで、東京都杉並区高円寺に引っ越してから初めて、本・CD・DVDの断捨離を決行することにしました。

最終的には、安いところに引っ越して、究極の節約生活でお金を貯め、旅暮らしを続けるつもり。

そのための準備として断捨離をし続け、その報告をこのブログでいたします。

いよいよ、ミニマリストふう生活(旅人ふうミニマリスト暮らし)に突入するための本格的な断捨離の開始です。

では、どのように本・CD・DVDの断捨離をするのか?

応援ありがとう⇒にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

浜松から東京に引っ越す時には、ブックオフの店員さんに引き取りに来てもらいました。その時に買取額は、4万円弱あり、かなり高く売れたなぁ~という実感がありました。

ただ、今回は段ボール1箱だけの小規模断捨離なので、ネットオフというところに買取を依頼しました。

本の宅配買取でネットオフを選んだ理由

今ですと、キャンペーン中のため、いろんな特典が付いているので、ネットオフを試してみることに。

ネットオフに決めた理由は、以下のとおりです。

1)インターネットでの評判が悪くなかった。

2)段ボールを無料でもらえる。

3)20パーセント買取額アップのキャンペーン中であるため。

明日、段ボールが届きます。1週間後に集荷をお願いしてあるので、それまでに断捨離する本をじっくりと決める予定です。

段ボール1箱に、断行本が35冊くらい入るとのこと。本の断捨離のとっかかりとしては、良いお試しになると期待しています。