毎日が旅になる暮らしへ

白洲三四郎(しらすさんしろう)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。「毎日が旅になる暮らし」の準備(断捨離など)についてお伝えします。

大量の本を断捨離して、ミニマリストになった私の本棚を初公開。

今年中に自宅の断捨離を終えるために、日々、いろんな物を処分しています。

私の場合、荷物の半分以上は本です。少なくとも、これまでは。

したがって、断捨離を進めれば、自宅の退去もかなり楽になります。

そこで、本当に思い切って「本の断捨離」を断行。

私が独り暮らしをし始めてから、最も少ない冊数になるまで本を捨てました。

では、ミニマリストとなった私の本棚を、初公開しましょう。

 

本棚3段で全部が収まる冊数になるまで、本を減らしました。

以下が、私の自宅にある本のすべてです。

ミニマリストの本棚

今の自宅に引っ越す前は、広いマンションに住んでいたこともあり、大きな本棚3つにギッシリと本が詰まっておりました。

それが何と、1つの本棚のわずか3段にすべてが収まてしまったのです。

自分ながら、よくぞここまで本を断捨離できたものだと思います。

本の断捨離は、まだ足りないのかもしれない。

もちろん、これだけの本を旅に持ってゆくわけにはいきません。これらの本は、親戚にあずかってもらいます。

いくら親戚といえども、これだけの本を自宅で保管するのは大変ですよね。

そう思うと、まだまだ断捨離が甘いのかもしれません。

名作小説「ボヴァリー夫人」の作者であり、「ボヴァリー夫人は私だ」という名言を遺した、小説家フローベルの本棚には本が10冊くらいしかなかった、という話を聞いたことがあります。

ミニマリストの本棚も10冊しかなかったら、それはそれで凄いことだと思うのですが、今の私にはまだまだできそうもありません。

いつかブログで、日本の近代詩の鑑賞を連載したいと思っているので、その関連書籍だけで、けっこうな冊数になってしまうのです。

旅に持ってゆく本は?

旅には1冊だけ本を持ってゆこうと思っています。

文庫本で、詩集になるでしょうね。

誰の詩集になるか、アンソロジー(異なる作者による詩文などの作品を集めたもの)になるかもしれません。

出かける場所、旅のテーマによって、持ってゆく本も変わるのではと予想しています。

ともあれ、旅に持ってゆく本を決めるのも、楽しみの一つになりそうです。

これも、断捨離してきたからこそ味わえる、醍醐味かもしれません。