白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

半端ない安さの外食メニュー。ぎょうざの満洲「野菜チャーハン」は486円(税込)。

自炊の方が節約にはいいことは充分にわかっています。

しかし、独身男子ゆえに、外で食べたい時もあるのです。もともと自炊などしたことがなかった人間なので、余計に外食への憧れはあります。

ただ、節約生活の真っただ中ということで、贅沢はできません。

外食する場合、できれば1食500円以内か、500円前後でおさめたいのです。

そんなことを思いながら、高円寺の街をさまよっていたら、「ぎょうざの満洲」のメニュー看板が目に飛び込んできました。

どうやら、500円以内で、私が大好きなチャーハンが食べられるらしいのです。

これは、ハンパない安さだ、とうことで店内に即、飛び込みました。

 

 これがその「ぎょうざの満洲」の「野菜チャーハン」です。

ぎょうざの満洲「野菜チャーハン」

玄米のチャーハンだという噂は聞いていたのですが、実際は、玄米と白米が半々に入っているのです。

使用している玄米は、「金芽ロウカット玄米」。

「金芽ロウカット玄米」の特長

1)白米のご飯よりカロリーが30%オフ。糖質は32%オフ。

2)白米のようにおいしく、玄米と同じくらいの栄養がある。

以下は、実際に食べてみた感想です。

やわらかいです。チャーハン独特の固さがありません。

味は、良しとしておきましょう。

いろんな具材が入っているわけではありません。何しろ、税込で486円という安さですから。具材は過度を期待するべきではないしょうね。

ただ、1点、気になることがあります。

公式サイトを見ても、カロリー表示がないこと。

ということは、カロリーはそれなりにあるのだと思います。

何と言っても、中華料理なのですからね。

ですから、食べ過ぎには注意が必要です。