白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

まど・みちお詩集に「言葉の断捨離」を見た驚きについて。

数年前のことですが、テレビドラマ「丘の上の向日葵」を鑑賞しました。

「丘の上の向日葵」はTBS系列で1993年4月11日 ~6月27日に東芝日曜劇場枠で放送された山田太一原作・脚本のドラマです。

小林薫がいい味を出していて、島田陽子、竹下恵子、葉月里緒奈といった女優陣も、ユニークな顔合わせで新鮮でした。

もちろん、山田太一独特のセリフ回しには、酔いしれることができます。

でも実は、私がこの「丘の上の向日葵」で最も強い感銘を受けたのは、出演者でも脚本でもなかったのです。

 

ドラマとして充分に楽しめる作品ですが、「丘の上の向日葵」で登場する「詩」が実に素晴らしい。

その詩の作者は、まど・みちお。童謡「ぞうさん」の歌詞は、あまりにも有名ですね。 

f:id:kazahana7:20180814215640j:plain

まど・みちお、彼の詩は、言葉断捨離」という言葉を使いたくなるほど、表現に無駄がありません。

単純で、豊かで、無限の広がりが感じられます。 

一方、山田太一のドラマは、ふだん当たり前だと思っている日常が実は奇妙なものであることに気づかせてくれます。

まど・みちおの詩には、いつもは見落としてしまうようなことに気づかせてくれる。

先入観なく無心で見つめることで、非常に大切なことを発見できる。

その驚きと、おののきを与えてくれるのです。

山田太一とまど・みちおの協奏曲は、不意打ちのように新鮮でした。

この二人には意外な共通点があったのです。

変哲もない日常には、とてつもない大きな事件の芽が潜んでいる、それを言葉で知らせてくれることにおいて、二人の世界は酷似しています。

そのため、この「丘の上の向日葵」というドラマは、詩がしばしば登場してきても、違和感なく楽しめるのだと思うのです。

例えば、以下の詩、は第9話に出てきます。

もうすんだとすれば これからなのだ
あんらくなことが 苦しいのだ
暗いからこそ 明るいのだ
なんにも無いから すべてが有るのだ
見ているのは 見ていないのだ
分かっているのは 分かっていないのだ
押されているので 押しているのだ
落ちていきながら、昇っていくのだ
遅れすぎて 進んでいるのだ

まど・みちおの詩は、究極のシンプルに無限の豊かさを表現した点において「言葉の断捨離の達人」と呼んで差し付けないと感じます。

まど・みちおと比べると、他の文学者の言葉は無駄ばかりに思えてくるのです。

あるいは「言葉のミニマリスト」といっても違和感ありませんね。

もちろん、あえて断捨離などという言葉は使う必要はないのです。

でも、情報があふれかえった社会で使われる記号としての言葉に慣れきった私たちにとって、装飾を限界までそぎおとした詩は、快感でもあります。

捨てるということの大切さを、素晴らしさ、まど・みちおの詩は教えてくれているのです。

無駄を究極まで省いた、まど・みちおの詩の世界には「断捨離」という表現がふさわいいと感じるのは私だけでしょうか。