毎日が旅になる暮らしへ

白洲三四郎(しらすさんしろう)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。「毎日が旅になる暮らし」の準備(断捨離など)についてお伝えします。

「心の旅」は果てしない、どこまでも続く大空のように。

昨日、高円寺の駅前で、久方ぶりに空をスマホで撮影しました。

f:id:kazahana7:20160627015423j:plain

空を撮ったのは、何十年ぶりというか、想い出せないほど遠い過去のことのように思えます。

空をじっと眺めていると、自分は「心の旅」をしているのだなぁ~と、しみじみ感じるのですね。

 

かなり前から、私は自分の住み家を捨て、つまり家を持たず、一年中、旅から旅へと流れてゆく暮らしを本当に望んでいたのでした。

それは単なる憧れというものとは異なる、激しい衝動となることもあるのですが、私を本物の「旅人」させない大きな壁が立ち現われました。

「外側内側半月板損傷」。スポーツジムで膝を故障し、歩くのも困難な状況に。

旅人の生活の基本は、移動にあります。つまり、歩くことが仕事のようなものです。

膝が悪くては、長時間の歩行は難しい。

一年間、リハビリを続けてきて、ようやく普通に近い状態で歩けるようにはなりました。

しかし、半月板損傷以外にも、私が旅に出ることを阻む要因はあるのですね。

ここで「旅人生活」を実現するために必要な条件を整理してみましょう。

家を持たない流浪生活をかなえるための必須条件

1)長時間歩ける(旅暮らしに耐えられる)健康で強靭な身体

2)経済的な余裕。旅暮らしでも安定収入が得られる仕事を持っていること。

3)流浪生活をはばむ人間関係を持たないこと。 

f:id:kazahana7:20160627120821j:plain

本物の旅人になるためには、勇気、決断力、そして積極的な諦めが必要だと痛感します。

大げさではなく、旅の途上で死ぬ、それくらいの覚悟が求められるのです。 

だいたい私は、旅暮らしに憧れているくせに、極度の出不精であり、自分の枕でないと熟睡できない、自宅に帰るとホッするという性分も、片方にはあるのですね(苦笑)。

これでは、なかなか旅に出られないわけですが、一方では、ある日突然、旅立ってしまうような気もしています。