白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

傘の断捨離をした後、傘を増やさない方法を思いついた。

を5本、断捨離しました。

にわか雨にあう度に買うので、傘は知らぬ間に増えてしまいますよね。

正直、骨が折れている1本をのぞくと、全く問題なく使えるのですが、現在、7本もあるので、安っぽいものを5本、捨てたました。

 

 これらが断捨離された傘たち。

傘の断捨離。

とりあえず、傘を断捨離したことで、玄関がスッキリしました。

空間がすっきりして心地よいのが、断捨離の魅力の一つですよね。

傘を置き忘れることが多い私としては、これからも、100円ショップのダイソーで、安い傘を買うことになるのかと、少し重い気持ちになりました。

しかし、これからも雨のたびに傘を置き忘れ、100均で傘を買い続けるのでは、いたちごっこで問題は解決しません。

そこで、1本、携帯用の折りたたみ傘を買おうかとも思案しているところです。

折りたたみ傘は100円ショップでも売っていますが、風が少し吹くと骨が折れてしまいそう。

安物買いの銭失いという言葉もあります。

ここはちょっと思い切って、長く使える品質の良いものを購入してみることにしました。

今回、楽天市場で注文したのが、以下の自動開閉の折り畳み傘

正式名称は「totes Titan タイタン 自動開閉 折りたたみ傘 ラージサイズ ワンタッチオープン 60cm」です。

折りたたみ傘なのに、ボタン一つ押せばパッと開くという優れもの。

高価ですが、買っては失くし買っては失くすの繰り返しよりは、安くつくのではないでしょうか。

折りたたみ傘ならば、将来、旅暮らしになった時にすごく便利ですからね。

高級なものを長く使うと、愛着がわくと思うので、その点も良いと考えました。

高価な商品を長く使うこと、これも一つの節約と言えるのではないでしょうか。