白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

中華食堂一番館の「五目冷し中華」は500円(税込)と節約メニューですが、味に疑問あり。

節約外食メニューをシリーズでお送りしています。

今回登場する店は「中華食堂一番館」。

何度かお伝えしている店ですが、今日ご紹介するのは夏期限定メニューです。

夏の中華料理の定番といえば「冷し中華」ですよね。

高円寺にはラーメン屋がたくさんありますが、夏は競い合うように「冷し中華」をメニューの目立つところに表示しています。

私が食べたのは「五目冷し中華」でした。

今回は、これまでにない、異変があったのです。

 

 これがその「一番館」の「五目冷し中華」です。 

一番館「五目冷やし中華」

 

 税込で500円という激安メニューです。節約外食メニューの価格としては理想的。

「胡麻だれ」と「黒酢しょうゆ」のどちらかを選べます。

量は少なめです。私はダイエット中なので、量は多くない方が良いのです。

個人店で「冷し中華」を食べる時には、価格がかなり高くなるので、いろんな期待をしてしまいがち。

期待が大きすぎて、期待を裏切られることも少なくありません。

一方、「一番館」には最初から大きな期待はしていませんでした。

しかし、です。

この味は、私の許容範囲におさまりませんでした(涙)。「いくらなんでも、この味は、ちょっと」という感じだったのです。

もちろん、人それぞれ好みもあるでしょうけれど、「冷し中華」たるものは、もう少しおいしくなければいけないと思うのです。

 

何しろ、「冷し中華」は、夏の風物詩の一つなのですから。

それと、これはアクシデントでしょうけれど、かび臭くて、これはいけませんね。

食材の何がかびていたのかわかりませんが、厳しい人ですと、クレームをつけるでしょうね。

アクシデントであるならば、この次に食べたら、今回の「かび臭さ」はないかもしれませんけれども。

「日高屋」の以下の夏メニューには、侮りがたい工夫が感じられたのです。

しかし、「中華食堂一番館」を否定するつもりはありません。

チャーハンは日高屋よりも一番館の方が安くて美味いのです。

最後にもう一言。

何しろ、いわゆるワンコインメニューと呼ばれる激安料理なので、あまり贅沢は言えないということ。

ただ、冷麺系は日高屋の方がおいしいとは言えそうです。