白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

ミニマリストには引き寄せの法則が良く働く?

私は断捨離を続けており、余計なものを持たない、シンプルなミニマリスト的生活を目指しています。

私的には、本物のミニマリストを以下のようにイメージしているのですね。

本物のミニマリストとは、単に余計な物を持たないだけでなく、心が豊かな人を指す。

高い志を抱き、揺るがぬ信念を持った、愛の人こそ、本物のミニマリストである。

いかがでしょうか?

これは理想であって、そこにまで到達するには、いろんな道程を辿らなけれならないと思われます。

今日ふと「もしも私が完璧なミニマリストになったら「引き寄せの法則」は、今よりももっと良い方向に働くだろうか?」と考えたのです。

すると結論めいたものが出たので、それをご紹介しましょう。

 

ミニマリストは良い波動を強めやすいので引き寄せの力は強い。

磁力と波動

自分自身は磁石です。その磁力を生み出すのは波動です。

要するに、良い波動を出さないと良いことは引き寄せられません。

「磁力と波動」について考えると、ミニマリストは良いことを引き寄せられやすい(願いをかなえやすい)ことがわかります。

なぜなら、ミニマリストは余計なものを極限まで捨てているので、良い波動が悪い波動に邪魔されることが少ないから。

良い波動だけを出す強い磁力を持った生命体であることが、良いことを引き寄せるためには必要なのですね。

ですから、いろんな波動がごちゃ混ぜになっていて、良いことを引き寄せる磁力が弱い人(断捨離ができていない人)よりは、ミニマリストの方がずっと引き寄せの力は強いと言えるでしょう。

当然、断捨離が進んでいる人も、引き寄せの力は強い場合が多いのです。

しかし、例外はあるので、注意してください。

「持たない暮らし」をしても、幸運を引き寄せられるとは限らない。

断捨離を極め、余計な物をまったく持たない暮らしを実現できれば、運気が上がり、幸福な人生を創造できるかというと、そうとは限りません。

幸運を引き寄せるのは、物ではなく、心です。波動は心が生み出します。

願いをかなえ、自分らしい本当の自分になるためには、心が整い、澄んでいなければなりません。

「持たない暮らし」をしていても、心に悪意と邪念が渦巻いているのでは、良い波動だけを強めることは不可能です。

心をシンプルで健全に保つための手段として、余計な物を断捨離することが効果的であるにすぎません。

ミニマリストを余計な物を持たず、余計な執着や邪念を捨て得た人だと定義できます。

しかし、これはあくまで準備段階なのです。

本物のミニマリストになるためには、引き寄せの法則を良い方向に働かせる準備を整えた後に、しなければならないことがあります。

準備が整ったら、次は「創造的な志向」というポジティブな動きが求められます。 

本物のミニマリストになるためには、「創造的な志向」を強化しなければなりません。そうすれば、自ずと引き寄せの力は強くなってゆくのです。