白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

日高屋の「野菜たっぷりタンメン」は節約系ヘルシーメニューの定番。

節約外食メニューをシリーズでご紹介しています。

今日も「日高屋」の登場ですよ。 

ただのラーメンですと、野菜不足になってしまうので、「野菜たっぷりタンメン」を注文しました。

 

これが日高屋の「野菜たっぷりタンメン」。 

日高屋「野菜たっぷりタンメン」

どうしても「一番館」の「うま塩 タンメン」と比較してしまいます。

味は、ほとんどかわりません。違いを感じとることが難しいくらいです。

ただ、野菜の量が、「日高屋」の方が、少し多いと感じました。丼もわずかに「日高屋」の方が、大きいような。 

価格はワンコインで食べられるので、どちらも、満足です。 

ときどき、他店で800円くらいのタンメンを食べますが、300円アップした価値を感じにくいのです。 

そのため、「一番館」とお「日高屋」は、これからも応援したいと思っています。 

私は現在、ダイエット中です。中華料理は「ダイエット中には危ないのでは?」という疑問が浮かぶかと思いますが、今の中華料理は、昔ほど油っこくありません。 

それに、私の場合、中華料理を食べた日は、他の2食の量を減らします。

果物と野菜ジュース、あるいは、玄米と海苔と納豆だけ、という質素なメニューにすれば、決して太りませんよ。 

中華料理をダイエットの敵として敬遠するよりも、中華料理を食べたいという健康サインに対し、素直に行動を起こした(すぐに食べに行く)方が、幸せですよね。