白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

「はなまるうどん」の「コクうまサラダうどん」は超ヘルシーな節約メニュー。

外食チェーン店で、しかも、ワンコインで食べられ、なおかつヘルシーなメニューを提供している店がありました。それが「はなまるうどん」です。 

私が「はなまるうどん」に入ると必ず注文するのが、「コクうまサラダうどん」。 

気になる値段はというと……

 

 これがその「コクうまサラダうどん」。

はなまるうどん「コクうまサラダうどん」

かなりボリュームがあります。うどんが見えないほど、野菜がたっぷり。麺は「小」を、野菜は「1日分」を選びました。 

カロリーは正確な表示はありませんが、500キロカロリー以内でしょう。麺を「小」にし、野菜を半日分にしますと、何と379キロカロリーだそうです。 

価格は、ワンコイン、530円(麺は「小」を、野菜は「1日分」を選んだ場合)。野菜を半日分にすれば、430円で食べられます。※価格は変動します。

 私の知るかぎりにおいて、500円程度で食べられる外食メニューで、この「コクうまサラダうどん」以上にヘルシーな料理は他にはありません。 

この不景気な世の中ですから、世の外食チェーン店は、客寄せのためにワンコイン(500円)くらいで食べられる激安メニューを用意しているところがあります。 

もちろん、吉野屋の牛丼の並盛も380円、てんやの天丼の並盛も税込でちょうど500円です。 

しかし、これらのチェーン店のメニューは、カロリーが高すぎ、脂っこいという欠点があります。吉野屋の牛丼の並盛が669キロカロリー、てんやの天丼の並盛が781キロカロリー。 

でも、実際は、Webで公開されている数字よりもカロリーは高いでしょうね(と私は感じています)。 

ダイエットに励み、脂肪の断捨離を目指す身である私にとって、いくらワンコインで食べられるといっても、高カロリー、高脂肪のメニューは、うかつに注文はできないわけです。 

そんな中で「はなまるうどん」の「コクうまサラダうどん」は、カロリーが低く、野菜たっぷりでヘルシー、さらにはワンコインで食べられる、貴重な節約メニューだと言えます。