白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

「ぎょうざの満洲 高円寺北口店」では、焼餃子と玄米のセットが431円(税込)と激安。

節約生活では自炊が中心となりますが、それでも毎日3食とも自炊では侘しいので、どうしても外食はしてしまいます。

そこで、外食する場合、安いことはもちろんですが、それだけではダメだと思っています。

いくら安くても、まずいとか、カロリーが高すぎたりしたら、ストレスになってしまうから。

そこで、このカテゴリ「外食で節約」では、私が実際に食べた激安メニューの感想をお伝えすることにしています。

今回は「ぎょうざの満洲」の登場ですよ。

 

 私が今回入ったのは「ぎょうざの満洲 高円寺北口店」です。

注文したのは「焼餃子とライスのセット」です。

ぎょうざの満洲 焼餃子とライスのセット

これだけ食べて、たったの431円でした。

「ぎょうざの満洲」の魅力で特筆すべきは、ライフを白米と玄米のどちらかを選べることです。

「大戸屋」ですと、五穀米が選べたと思うのですが、「ぎょうざの満洲」では玄米を注文することができます。

普通盛りをたのみましたが、量が非常の多いので、ダイエット中の人は、小盛にしてもらった方がいいでしょうね。

味ですが、かなり、サッパリしています。油っこくないのです。

というか、ノンオイルではないかと思うくらいでした。

たぶん、カロリーも少ないでしょう。

ただ、その意味では、ぎょうざの醍醐味は薄いと言えます。

健康に良い餃子(ぎょうざ)を目指しているのでしょうね。

今回食べてみて思ったのは、カロリーの低い料理はそれほど美味く感じないということ。

油ぎっていないとうまくない料理というものが確かにあり、そのひとつに餃子があるのだと思います。

ジューシーさ、肉のうまみがまったくない餃子、それが「ぎょうざの満洲」の餃子なのです。

それにしても、431円は嬉しい。

玄米を半分にしてもらえば、完璧な節約ヘルシーメニューと言えますね。

以下、「ぎょうざの満洲」で食べた、焼餃子とライスのセットの特長をまとめてみます。

「ぎょうざの満洲」の「焼餃子とライスのセット」の特長

1)431円(税込)と激安。

2)玄米が選べる。

3)油っこくなくてヘルシー。