白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

富士そばのカツ丼(税込490円)は、節約外食メニューとして合格。

久しぶりに「節約外食メニュー」のコーナー、行ってみましょう。

今日ご紹介するのは、「富士そば」の「カツ丼」です。

夏バテで疲れていたのですが、ペロリ、でしたよ。

 

蕎麦屋の丼はうまい」とはよく言われることです。

出汁がきいているから、蕎麦屋の出汁は本格的だからでしょうか。

実際に、蕎麦屋ある「富士そば」に行き、「カツ丼」を注文してみました。

f:id:kazahana7:20180807125432j:plain

良いところ

まず最初にビックリしたのが、肉の厚みです。

これで490円(税込)はありえない、と感じましたね。

で、実際にかぶりついてみました。

味は、少し濃い目ですね。食欲をそそります。

やはり、卵でとじたカツ、出汁がしみたカツは、うまいです。

残念なところ

でも、何かが足りません。

実は足りないものは複数あります。

まず、玉ねぎが入ってないでしょう。ほんの少し破片めいたものがあった気もします。

でも、カツ丼は玉ねぎで生きもし死にもすると私は思っているのです。

入っていない段階で、これはかなり残念なカツ丼ということになります。

そして、上にグリーンピースが乗っていません。

グリーンピースとまではゆかなくても、三つ葉くらいは欲しかったですね。

「富士そば」の麺は微妙。

 正直、「富士そば」の「カツ丼」は、オススメできるレベルだと思います。

税込490円という価格と量と味をトータルに評価した結果は、合格です。

「丼」は良かったのですが、前回は「そば」について、以下のような感想を書きました。

「富士そば」の「そば」は、あまり評価できません。

まずくはないのですが、うまいとは言えないレベルの味です。

まだ「うどん」を食べていないので、次は「富士そば」の「うどん」メニューに挑戦してみたいと思います。