ミニマリストの朝活

ミニマリスト・白洲三四郎の朝活ブログ。午前5時から活動開始する、独身男子のミニマリスト生活を実況中継ふうにお届けします。

持たない暮らしのミニマリストが、持ちたいと思っているものは?

毎日、ミニマリストに関することを書いていると、ミニマリストとしての自覚が生まれてくるから不思議ですね。

繰り返しこのブログで述べておりますが、ミニマリスト生活、即ち「持たない暮らし」は、それ自体が目的ではありません。

余計な物を持たない状態になってからが本番なのです。

私は今年、2019年に本格的なミニマリスト生活を開始しました。

確かに物の断捨離は卒業できましたが、まだまだ、心が満たされないことが多々あります。

充分には満足のいく暮らしは、今のところ、実現しておりません。

豊かなミニマリストになるためには、捨てるだけでなく、積極的に持つべきものがあると最近、痛感しております。

ミニマリストである私が、今何としても持ちたいと思っているものとは?

 

ミニマリストにも「選択と集中」は必要である。

ミニマリストは、「経営の神様」と呼ばれた、ドラッガーに学ぶ必要があるのかもしれません。

ドラッガーの有名な言葉に「選択と集中」があります。

ミニマリストは、物を捨てることで、自分にとって大事なことに多くのエネルギーと時間を割こうとする人を指すのです。

その意味で、ミニマリストが本当に豊かな生活をかなえようと思ったら、自分の暮らしにおいて「選択と集中」は不可欠だと言えます。

1日は24時間しかありません。1年は365日しかないのです。

ですから、断捨離を敢行し、ミニマリストになったのならば、次にステップに進むべきです。

今度は、自分の生活で大事なモノ・コト・ヒトを選び、選んだモノ・コト・ヒトを大事にして、エネルギーと時間を集中しなければいけません。

私が「選択と集中」をしたいと願っていることは?

ここ10年くらい、ほとんど満足に読書ができていません。

正直、本を読んでいる時間がとれないのです。

しかし、読書ができないのは、私にとって痛恨の極み。

令和の時代は、読書に特別の力を注ごうと思っています。

無理やりにでも、読書に時間を充てるつもりです。

なぜなら、読書をしないということは、慢性的な勉強不足になってしまうから。

常に学んでいないと、豊かな精神生活は送れないと、私は信じています。

読書する時間を増やすための工夫。

読書

読書は静かなカフェでするのが一番です。

まだ、引っ越してから、良いカフェが見つかりませんでした。

どの街もそうでしょうけれども、カフェ不足のため、どの店に入っても混んでいて落ち着きません。

幸い、電車にならなければいけませんが、「コメダ珈琲店」がありました。

ホットコーヒーが480円は高いのですが、広くて、ゆったりとできるので、読書には最良の雰囲気だと言えるでしょう。

ただ、電車賃をつかって毎日通うのは辛いので、近場でもう一軒、読書ができるカフェを見つけたいと思っています。

それと、カフェにノートパソコンやタブレットを持ち来ないことです。

パソコンでWebサーフィンなど始めたら、読書に集中できません。

快適なカフェを見つけること。そして、カフェには本とノートだけを持ってゆく。

それさえできれば、読書の時間を増やせる思っています。