ミニマリストの心旅

ミニマリスト・白洲三四郎が「心のふるさと」を取り戻すために、イデオロギーからではなく、一生活人の視点から、また一生活人にもある「詩心」を通して政治・歴史・文化などについて語ります。

電機温水器は電気料金が高すぎる?

忙しくなログインする余裕がなかったのですが、新しく契約した「くらしTEPCO」にログインして、思わずのけぞってしまいました。

なんと、2月分の電気料金2万円を超えてしまったのです。

去年の12月24日に引っ越してから、私にいったい何が起きていたのでしょうか?

 

2月分の電気料金を公開します。

以下が、2月分の電気料金を示すキャプチャー画像です。

電気料金(2019年2月分)

家賃が半額になったと思って、これで節約生活ができると油断していたので、ショックでした。

ちなみに私は独り暮らしです。

なぜ、こういうことになってしまったのか?

私が住んでいる賃貸住宅は、オール電化ではありません。

築年数は40年くらいなので、オール電化であるはずがないのです。

実は、私が住んでいるところは、特殊な環境の賃貸住宅だと言えるでしょう。

くらしTEPCO」の「スマートライフ」というプランに入らざるを得ませんでした。

夜間蓄熱式機器」が備えられている住です。

「夜間蓄熱式機器」には、蓄熱暖房機・エコキュート・電気温水器がありますが、私が住む賃貸住宅についているのは、電気温水器です。

夜間にお湯を沸かして蓄えておくシステムですが、なんで、月に2万円を超えてしまうの??

正直、つらいです。せっかく節約ライフがかなうと思っていたのに、とんでもない敵が出現してしまいました。

お湯は、ガスで沸かすのが一番でしょう!!

なんで、わざわざ高価な電気温水器なんかつけたのか、意味不明です。

しかし、今さら引っ越しできるわけもなく、何とか、現状で、節電生活を目指さなければなりません。

お湯をつかう量を、極力減らすようにしました。

蛇口をひねるとお湯が出る暮らしこそ、文化生活であるはずですが、仕方がないので、冷たくとも、できるだけ水を使うようにしています。

さすがに入浴する時は湯が必要です。

でも、浴槽にはる湯の量は、半身浴ができる程度におさえるようにし始めました。

私は非常に寒がりなのですが、エアコンもできるかぎり切り、厚着を心がけています。

もちろん、寝る時には、エアコンのスイッチは切りますよ。

というわけで、慣れるまでは、当分の間、電気温水器のある暮らしに苦しめられそうです。

これまで、節電は考えたことがなかったのです、節約生活を実行する上で、難題の一つになりました。

できれば、どなたか、「夜間蓄熱式機器」としての電機温水器をお使いの方に、賢い節電方法を教えていただけたら嬉しいのですが……。