白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

脂肪の断捨離の切り札は「お米制限ダイエット」。

シンプルライフとか断捨離とか言いますと、基本を物を捨て、余計な物を持たない暮らしをイメージすると思います。 

確かにそうなのですが、もう一つの視点が大事だと最近になって痛感しているのです。 

それは、体が重いこと。 

つまり、体重が増えすぎて、何とか体から脂肪を落とさないことには、シンプルライフなどといっても絵空事で終わってしまうと思うのです。

物を捨てることも大事ですが、体から、脂肪を減らす(脂肪断捨離をする)ことも真剣に考えないといけませんよね。

 

「お米制限ダイエット」で10キロの減量を目指す。

脂肪の断捨離

単純に、炭水化物、特に米を摂ることを減らしてみました。 

名づけて、お米制限ダイエット。 

深い理由はありません。知人から「お米の量を減らしたら、簡単に痩せられた」という話を聞いたからです。

具体的な「お米制限ダイエット」の方法は、以下のとおり。

朝は果物か野菜ジュース。昼は軽食。夜は炭水化物は摂りません。 

以前ですと、雑炊を食べていたので、どうしても、米を食べ過ぎていました。 

ですから、鍋にもご飯は入れません。 

いわゆる「糖質制限ダイエット」に含まれると思いますが、私の場合はまずは「米」を控えることに集中。

その効果は早くも現れています。 

昨日、外食したのですが、完食するのに苦労したのでした。 

胃袋が小さくなりかけているのですね。 

米が一番、太りやすいと聞きます。

お米を食べるにしても、昼間に、しかも、少しの量を摂るにとどめることに。 

お米制限ダイエット」で脂肪を断捨離して体を軽くし、本当のシンプルライフを目指します。 

ちなみに、現在、ベストの体重から20キロオーバー。 

とりあえず、10キロダウンを目指します。

今一番うれしいのは、体重計に乗った時、体重が減っているのを確認できた瞬間です。