白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

洗顔クリームを断捨離して、固形の石けんで顔を洗い始めた理由。

使い心地が良く、1年ほど愛用してきた洗顔クリーム断捨離することにしました。

その代わりに、固形の石けんで顔を洗います。

なぜ、洗顔クリームを断捨離して固形の石けん変えたのでしょうか?

 

 「花王のビオレ洗顔料」から「牛乳石鹸の無添加せっけん」へ

これが今回、断捨離した洗顔クリーム。

f:id:kazahana7:20180902030318j:plain

正式名称は「花王 ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー 大」。

普通は「ビオレ 洗顔料」あるいは「ビオレ スキンケア 洗顔料」と呼ぶでしょうね。

この洗顔クリームを断捨離して使うようになったのが、以下の固形石けん。

f:id:kazahana7:20180902031649j:plain

正式名称は「カウブランド(牛乳石鹸)無添加せっけん」。

何だか呼びづらいですね。「牛乳の無添加固形石けん」くらいが呼びやすいかと思います。

で、どうして、洗顔クリームを断捨離して固形の石けんに変えたか、それが問題ですよね。

以下で、その理由をお伝えしましょう。

洗顔フォームを断捨離して固形の石けんに変えた理由。

1)青春の思い出を断捨離するため。

実は洗顔クリームには思い出があります。

私が初めて洗顔クリームなるものを使ったのが、高校を卒業して早稲田大学のすぐ近くに下宿して、早稲田ゼミナールという予備校に通っていた年です。

私はもともと脂性で、朝起きて昼過ぎには顔がテカテカになるくらいでした。鼻の頭は脂が浮いてきて光っていたのです。

そんな具合ですから、夏場はたまったものではありません。

その夏、初めて洗顔クリームを使いました。薬局で見つけたのでしょう。

脂がごっそりと洗い流すことができたばかりか、洗った後の匂いもさわやかで、すっかり気に入ってしまったのです。

洗顔クリームで洗ってさっぱりした顔で、現役の高校生といっしょに学ぶ夏期講習に通い、そこで女子高生との淡い恋も知りました

早稲田の杜を吹きぬける涼風に揺れる、樹々の緑の鮮やかさ、透明な輝きを今も忘れることができません。

月の家賃が7千円の二畳半の下宿に住むという極貧ぐらしで、65キロあった体重が51キロまで落ちてしまいました。

でも、まだ18歳です。人生、これからいっぱい良いことがあるだろう、と希望に胸を膨らませていたと思います。

そんなわけで、私の10代の最後の夏は、洗顔クリームの甘い香りと切り離せません。

しかし、もう一度、真剣に生き直そうと旅立ちへの覚悟を決めようとしている今、この青春の思い出とは決別すべきだと直感したのです。

2)脂性が治ったので、もう洗顔クリームは要らないから。

年齢を重ねてきて、現在の私の肌は脂性と乾燥肌の中間くらいで、ちょうどよくなっています。

そのため、1年中、クリームを顔に塗ることはありません。

洗顔クリームはもともと極端な脂性対策として使い始めたので、これが改善された今はもう必要ないだろうと判断したのです。

3)洗顔クリームの代わりに使える固形の石けんが見つかったから。

実は以前にも洗顔クリームの断捨離を試みたことがありました。

しかし、呆気なく挫折してしまったのです。

顔の肌がつっぱる感じがして、心地よさに欠けたためでした。

その時に使っていた固形の石けんは、以下の「シャボン玉石けん」です。

www.shirasusanshirou.com

それと、洗った後の爽快感が薄く、満足度が低かったのです。

私個人の感想ですが、「シャボン玉石けん」は、顔以外を洗うには全く問題がありません。

でも、洗顔には向いていないと私は判断しました。

そこで、今回の洗顔クリームの断捨離にあたり、固形の石けんを変えてみました。

それが「カウブランド(牛乳石鹸)無添加せっけん」なのです。

「牛乳石鹸の無添加せっけん」の方が「シャボン玉石けん」よりも、繊細な感じがします。

刺激(肌の感覚)は、よりソフトです。

顔を洗った後の爽快感は薄いのですが、これは過度な匂いや刺激物が含まれていないためで、これはむしろ健康的であるととらえています。

4)節約のため。

洗顔クリームの価格はばかにできません。固形の石けんは逆にかなり安いので、差額は大きいのです。年間にしたらかなりの節約になるのではないでしょうか。

5)断捨離するぞという勢いが背中を押すから。

現在の私は断捨離熱にとりつかれている、と言ったら大げさでしょうか。

とにかく、断捨離できそうなものを、獣が獲物を狙うかのように探し求めている感じです。

そうした状況のもと、洗顔クリームに視線が注がれてしまったので、これはもう、断捨離の勢いに従うしかないと判断しました。