毎日が旅になる暮らしへ

白洲三四郎(しらすさんしろう)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。「毎日が旅になる暮らし」の準備(断捨離など)についてお伝えします。

契約書・保証書・確定申告書などを大量に断捨離して感じたこと。

2冊のクリアファイルに書類が詰まっていて、パンパンに膨れ上がっていました。

非常に重く、自宅の退去の時に苦戦することは目に見えています。

そこで、この際、要らない契約書・保証書・確定申告書などは全部、断捨離することにしました。

はてさて、書類をどれくらいまで減らせるでしょうか。

 

中には10年前に買った家電の保証書もありました(苦笑)。

以下が今回、捨てることにした書類です。

契約書・保証書などの断捨離

どんな書類なのか、以下、書き出してみますね。

家電の保証書。

携帯電話や光ファイバーなどの契約書。

確定申告書。

電化製品の取扱説明書。

火災保険、生命保険に関する書類。

これらを1つ1つチェックして、要らないものは捨てるのですが、中には10年以上も前に買った家電の保証書まで入っていました。

電化製品の保証危難はたいてい1年なので、もう必要ないのですね。

書類の断捨離は以前にもやっていますが、かなり苦戦しました。

www.shirasusanshirou.com

書類は暮らしをシンプルにしないかぎり、減らないと痛感。

目標はクリアファイル1冊にまとめることでしたが、それはかないませんでした。

どうして、書類が減らないかというと、持っているもの、使っているもの、契約している会社などを多いからです。

書類を減らすには、暮らしをとことんシンプルにするしかないと気づきました。

最低限度の書類さえ保管しておけば生活に支障はない、そういう単純明快な暮らしを目指したいと思います。