白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

断捨離の本当の意味とは?

断捨離だんしゃり)」という言葉を知らない人は少ないでしょう。

「断捨離」は、もはや流行語ではありませんね。日本人の生活にすっかり馴染んでしまっているようです。

断捨離(持たない暮らし)

でも、本当の意味を理解しているでしょうか?

 

多くの人が断捨離に走るのは、自己保存の本能からだと私は強く感じています。

人は誰でも、伸び伸び暮らしたいと願うもの。

実は、余分なものが多くありすぎると、生きる力が衰退してしまうのですね。

例えば、哲学や芸術は、物資や情報があふれかえっている時代には隆盛しません。

人の生命力を衰弱させる余計なものが大量にあふれる時代には、芸術の傑作は生まれにくい傾向があります。

では、人の心はどうでしょうか? 

情報がたくさんありすぎたり、物があふれていれば、人の心は落ち着きを失い、明るい未来が見えにくくなるのが、人間の心理ではないでしょうか。

「断捨離」が盛んに見えるのは、現代社会の病理に対し、人間が必死で抵抗しているからだと私は思っています。

日本の経済は、人に「思わず買いたくなるけれども、実はなくても済ませられる物」を大量に販売することで成り立っているかに見える。

「このまま行くと、かなり危険だ」と、人はようやく気づき始めた。

これ以上、情報や物を生活に入れ込んでしまうと、自分らしいの生活は壊されてしまう、と人間が抵抗している。

以上が「断捨離」が今もなお人の心をつかみ続けている、真相なのではないでしょうか。

その意味で、断捨離は生活の便利術とかいう生やさしいものではなく、抑え難い激しい欲求だと言えるでしょう。