白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

手鏡を100円ショップのダイソーで買ってみた感想。

洗面所の鏡は、時に湿度の関係でくもってしまって見づらい時がありますよね。それに、顔を思い切り近付けないと見にいく場合もあります。 

ですから、どうしても手鏡がほしくなるのです。ハンディタイプの鏡ならば、自分の椅子に腰かけたまま、顔をのぞけますから。 

なおかつ、折りたたみ式のコンパクトな鏡ならば、外出先でも使えますよね。 

私は男ですが、本当に持ち歩ける手鏡は必要だと感じています。

そうした条件をかなえてくれる、手鏡折りたたみミラー)が、100円ショップダイソーにありました。

 

 これがその「折りたたみミラー」

f:id:kazahana7:20180825205834j:plain

もちろん、価格は100円です。気になる大きさですが、iPhoneといっしょに撮影しましたので、比べてみてくださいね。 

f:id:kazahana7:20180825205903j:plain

結論から申しますと、これは男性にオススメしたい100円商品です。女性の場合、すでに手鏡はもっているでしょうから。 

このコンパクトな鏡を使うことで、エチケットに敏感になることも期待できそうです。 

今どきの男性は、手鏡くらい持たなければいけないかもしれない~などと思ったりもしました(苦笑)。 

かなり小さいですが、携帯用に便利なだけではありません。手で持って、顔に近づけられるので見やすいのです。

しかし、案外、男性ですと手鏡を使わない人が多いのではないでしょうか。 

この折りたたみミラーを持っていれば、細かいとろこに気配りができ、女性からの印象度もアップできるかもしれませんよ。 

たとえば、髭剃りあとのチェック、また鼻毛が出ていないとか(汗)、とにかく、細部を点検する時に、しっかりと、アップで見られますので、かなり重宝します。

しかし、人前では使えないので、手鏡は見る場所が慣れないと難しそうです。