白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

貧乏は不幸ではなく、希望である。

今日は節約術というより、「貧しさ」と「豊かさ」について、そして「不幸」と「幸福」について考えてみたいのです。

いえ、そうすることで、私の節約術の本質が見えてる気がしています。

自分の人生を振り返ると、あっという間に、けっこうな年齢になっていた、そんな感じです。 

これまでの私の人生に何があったのでしょうか? 

思い返せば、そこには、20代の後半で失恋した時から、激しいアップダウンが始まった気がします。

5回の手術を経験。入院生活は合計で1年以上にも。

20回以上も転職を繰り返し、借金にまみれ、病気や交通事故などで、4回ほど死にかけたことがありました。 

今、生きている方が不思議なくらい。

でも、はっきり言えることは、死ななかったことです。

 

 病気にせよ、事故にせよ、失業にせよ、私の命を完全に消し去ることはできませんでした。 

運が良かったり、周囲の人たちに助けられたリして、その都度、立ち上がることができたのです。 

勇ましい生き方はしてきませんでしたし、貧乏のどん底であったこともあります。

しかし、憧憬であれ、夢想であれ、「ぼんやりとした希望」を抱きつつ生きてきた気はしています。 

貧乏は希望。

貧乏は希望である。

ロシアの文豪・トルストイの不朽の名作「アンナ・カレーニナ」に、以下の名言が出てきます。 

幸福な家庭の顔はお互い似かよっているが、不幸な家庭の顔はどれもこれも違っている。

 さすがはトルストイ。物の見事に人生の真実を言い当てていますね。 

ところで、人生の不幸とか、幸福とかについて、私はこれまで真剣に考えたことがあったのでしょうか。 

私は世間なみの幸せからは、完全にはぐれてしまっているようです。では、これまでの私の人生は、不幸だったのか? 

わかりません。ある時は不幸でもあり、ある時は幸福でもあったのでしょう。 

ただ、もし不幸というものがあるとしたら、それはどういう状態なのかについて、今の私なら定義できます。 

不幸とはお金を稼ぐためだけに、自分の人生を浪費することである。 

お金に振り回される時、人は不幸になるのだと思うのです。 

贅沢ができないとか、欲しいものが変えないことを、不幸とは言えません。 

納豆ご飯ばかり食べていても、私は不幸だとは感じない人間です。 

ただ、お金のために自分の人生を犠牲にしなければいけない時、絶望的なまでの不幸を痛感します。  

これからの人生、どれくらい生きられるかわかりませんが、お金に振り回される人生だけは懲り懲りです。  

今の私は、青春期に夢見た「理想」には、ほど遠い暮らしをしています。 

でも、まだ「ぼんやりとした希望」は消えていないのです。 

貧しく、つつましやかな暮らしにこそ、ささやかな希望の灯の温もりを感じます。

貧すれば鈍する」のではなく、「貧すれば得する」というのが私の基本的な考えdかたです。

不幸とはお金に振り回されて、自分の時間を犠牲にすることだと書きましたが、希望が完全に消え去ってしまう時こそ、人生の最大の不幸だと言えそうです。 

へこたれませんよ。若い時のような爆発力はありませんが、粘って粘って粘りぬく覚悟だけは持っています。 

遠くにかすかに揺れ瞬く灯火のようなものであっても、希望を失わず、その明かりを追い求めて続けていられれば、それは幸福な人生だと言えるのではないでしょうか。

そして今、「貧乏は希望である」とさえ言いたいくらいなのです。

その意味から、私の目指す究極の「最良の節約術とは、希望を持つことだ」に行きつくのでしょうね。

希望を失う時、人は人生をおろそかに、人生の浪費という最悪の事態(反節約的生活)におちいるのだと思います。

希望を抱きつつ、貧しいつつましやかな暮らしの中で希望の灯を燃やし続けること。

そして「ときめき」と「思いやり」を大切に、ていねいに暮らすことが、私にとっての理想の節約生活なのです。