白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

異常な暑さが「節約生活」を加速させている理由とは?

久しぶりに「節約」の話題をお届けしましょう。

それにしても毎日、暑すぎますね。最近の10年間では、最も暑いと感じているのは私だけでしょうか。

かなり前に、毎日「猛暑日」が続いて辟易していたのは記憶しておりますが……。

ところで、この異様な暑さが、意外にも「節約効果」を上げているので、それについて書いてみることにしますね。

※応援ありがとう⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

猛暑の中でひたすら体を休める日々

 この夏、まだ海にも山にも出かけておりません。

f:id:kazahana7:20180722030442j:plain

というか、ほとんど外出もせず、自宅にいるのです。

数時間、パソコンをいじっていると、なぜか眠たくなるので、横になります。

すると、びっくりするほど長時間、眠ってしまうのです。

目が覚めた時に、外が明るいと、朝なのか夕方なのか、わからない時さえもあるくらい。

そして、起き上がると、またパソコンをいじりはじめ、疲れたら横になる……この繰り返しです。

極めて不健康な感じですが、これでいいと思っています。

なぜなら、体が休息を求めているので、それに従うしなないから。

「夏バテ」でしょうか。

これまでに感じたことがない「だるさ」を覚えて、病気ではないか、と疑いたくなる時もあります。

でも、食事ができないわけではないので、後1ヶ月以上も続く夏を、このまま乗り切るつもりです。

暑さが節約効果を生む理由

ではなぜ、この消極的な暮らし方が、意外な節約効果を上げているのか?

要するに、お金を使う機会がないのです。

たまには小料理屋でお酒を飲みたいと思いますが、ああいう店は店員と話をしなければいけません。

今は体がだるく、他人と話をするのもおっくうです。

そこで、小料理屋には行かず、安い外食チェーン店で簡単に食事をすることになってしまうというわけ。

大好きなカフェは、どうか?

カフェの温度調節が微妙です。冷えすぎは辛い。かといって生温かいのも気持ちが悪い。

ということは、自宅で室温調節するのが、いちばん快適なのですね。

それで、カフェにも最近は入っていません。

その結果、知らぬ間に「節約生活」にどっぷりと浸ってしまっているのですね。

病気になったら節約どころではなくなるので「夏バテ」対策を

食欲がすごくあるわけではありません。

気づくと、納豆か冷やっこを食べております。

これでは、まだ先が長い、異様に暑い夏は乗り切れませんね。

そこで考えた「夏バテ」対策は、最近、ずっと休んでいた「リンゴ・ニンジン・ジュース」を再開することに。

「リンゴ」と「ニンジン」をジューサーで絞るだけですが、これがなかなか続きません。

でも、本当に倒れてしまって入院などいうことになったら、節約生活は崩壊してしまいます。

そこで、非常に面倒ですが、「リンゴ・ニンジン・ジュース」を再び始めることにしたのです。