白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

寒い夏の思い出。

新しいカテゴリを作りました。「心の旅」。

実際にいろんな場所を放浪する旅ではなく、精神的な旅、思い出ば話が多くなるかもしれません。

第一回目は、私がまだ中学生だった頃のことをお話ししましょう。

寒いと感じた、夏の思い出話です。

あれは夢の中の出来事、いえ、幻の華のようにも思えてくるのです。

f:id:kazahana7:20180803224929j:plain

あの夏は、確かに、寒かった。

※応援ありがとう⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

中学三年生の夏休み。来年は受験なのに、なぜか毎日、友だちと2人でプールに泳ぎに行っていました。

晴れた日はもちろん、雨の日も風の日も、毎日通い続けたのです。

雨の日に、人気来ないプールで泳ぐ時は、寒かった。プールサイドに上がった時、体は震え、歯はガチガチと鳴っていたのを、今でも鮮明に憶えています。

灰色の空、灰色の水面。水しぶきを上げて打ちつける強い雨……どれを見ても、冷え冷えとした光景であり、夏でも寒いことが確かにあるのでした。

凍えるような寒い夏の思い出。でも、それはなぜか、温もりの匂いをつけてきてくれます。

当時は、エアコンをつけっぱなしにする習慣はありませんでした。そのかわり、日陰に入ると、風がひんやりと感じる、そんな瞬間が真夏でもあったのです。

思い返せば、中学三年の夏休み。大事な時期でもあるはずです。受験など、先のことを考えれば、プールどころではありません。

しかし、そうした未来のこと、将来の不安、いやそれだけでなく、生きていること自体の切なさから目を背けたいがために、毎日、とりつかれたように、泳ぎ続けていたのかもしれません。

何かから必死に逃げたかった、だから、激しい雨の日も、氷水のように冷えた水の中でも、泳ぎ続けられたのでしょう。

では、あの頃は不幸だったのでしょうか? 確かに、身辺にいろんなことがありました。

でも、不幸ではなかった、そう思えます。

なぜなら、帰り道、泳ぎつけれた体はぐったりしているのに、自転車をこぐ足は決して重くはなかった。

吹きぬける風はひんやりとして気持ちが良かったし、菓子パンのチョコレートサンドの味は、ただただ、ひたすら甘かった。

そして何より、あの夏は静かだった。あの静けさは、かぎりなく安らぎに似ていた。

寒かったが、安寧がそこにはあった。

想えば、あの寒い夏からずっと、私は安らぎを見つけるために歩いてきた気がします。

こうして、夏の記憶をたぐり寄せている、そうしたことができるようになったということは、心はもう新しい旅に出かけようとしているのかもしれません。