白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

今日の出費額は4880円。中野の警察病院へ。健康管理も節約術のひとつなのです。

今日は中野にある東京警察病院の循環器科にかかりました。

高血圧のためです。当然、血圧を下げる薬も処方していただいたのです。

この診療費と薬代で3570円。これは節約しようにもできませんね。

警察病院から中野駅まで歩く途中、ふと思いついたことがありました。

病院でお金を払うのも、節約術のひとつではないかと。

今日はそのことについてお伝えしますね。

応援、ありがとう⇒にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 6月14日のレシート公開。

さっそく、レシートをご覧ください。

2018年6月14日の出費

数字が小さくて見づらいでしょうか。

医療費と薬代の他には以下の出費がありました。

高円寺駅から警察病院までのダクシー代が730円

ローソンのサンドイッチ(ヤングコーン野菜サンド)とカフェラテが470円。これが昼食です。

警察病院から中野駅まで歩く途中で小腹が空いたので御握りを買いました。ファミリーマートのオニギリ(手巻 紀州南高梅)が110円

これに医療費と薬代の3570円をプラスすると、合計で4880円の出費となりました。

今日はけっこう歩きました。いい運動になりました。ダイエット効果あり、ですね。

病院でお金を払うのも節約術のひとつ。

私はこれまで、5度の手術を受け、4回ほど入院した経験があります。

高額医療費控除は受けましたが、たいへんな出費でした。

しかも、病気のために1年以上は働けなかったので、健康を害すると、経済的にもピンチに追い込まれるのです。

私が現在、3ヶ月に1度、循環器科に通い、その都度、検査を受けています。

また、1年に1回はCT検査も受けているのです。

今は、大きな病気にかかっているわけではありませんが、きっちりと定期検診は受けていますよ。

と申しますのは、もう二度と入院生活を送りたくないから。また、手術を受けたくないから。

特に手術となると、近くに親戚もいないので、いろんな面で大変です。また、カテーテルを尿道に通されるのが痛くて痛くてたまりません。

病気そのものも辛いし、そのための経済的な困窮もダメージが大きい。

というわけで、健康管理、つまり定期的に病院で検査を受け、医師のアドバイスを受けることは、立派な節約術だと言えるのです。

その節約の意味は、お金だけではなく、時間と心身のエネルギーの節約にもつながります。

人生は短いですから、お金・時間・エネルギーは、有効活用したいものです。

そのためには、通院、定期検診などによって、健康への意識を高め、健康管理に気を配りたいものです。