白洲三四郎ブログ

白洲三四郎(しらすさんしろうshirasusanshirou)がミニマリスト計画を実現するまでの記録。旅立ちのために、断捨離と節約を実行中。

箸(はし)も100円ショップに優れものがあります。

自炊生活を続けていますが、悩み種の一つに「はし)」があります。 

割り箸ですと、高くつきますし、けっこう高価な箸を買っても、先が剥げてきて、不衛生な感じになり、結局は新しい箸を買ってしまう。 

意外と耐久性が弱いのが「箸」なのですね。 

そこで、衛生的で長持ちする「箸」はないものかと探していたのですが、100均ダイソーで、優れものを見つけました。

 

それが、この「麺類を美味しく食べる箸」。 

ダイソーの箸(はし)

「麺類を美味しく食べる箸」のメリット

では、この「麺類を美味しく食べる箸」のメリットをあげてみますね。 

メリット1)塗装していないので、剥げる心配がない。

 独特の素材を使っているように感じます。軽すぎず、重すぎず。いわゆる塗り箸ではないので、剥げたりしないのがいいですね。

メリット2)箸の先が欠けたり、塗装が剥げたリしないので、衛生的である。

 先が欠けたり、剥げた時に、箸を捨てようと思うのは私だけではないでしょう。

実はそういう心配がないのが、このダイソーの箸なのです。

メリット3)持ちやすくて、具材をはさみやすい。

 適度に凹凸がありますから、滑りにくく、持ちやすいのもメリット。

これなら、麺類も食べやすいですね。

いかがでしょうか?

半年前に買い、ほぼ毎日使っているのに、まったく買い替える必要性を感じません。

 この驚異的な耐久性は特筆に価します。

しかも、2膳で100円(税抜)という安さですからね。

 これまで、いろんな箸を買ってきましたが、最もコストパフォーマンスが良い箸だと断言できます。 

100円ショップ「ダイソー」の隠れ名品がこの「麺類を美味しく食べる箸」だと言えるでしょう。

ダイソーのこの箸を、優れもの100均グッズの一つに加えることにしました。